家賃を安くする節約術

節約しているのに貯金ができていない人は、毎月必要となる固定費を見直すのが効果的です。その中でも特に効果的なものとして「家賃の見直し」があります。 契約時に決まった家賃は月々必ず一定の金額を支払うことになるため、一度見直すと節約効果が持続します。
家賃を見直す方法として、まず契約時に有利になる条件の物件を探すことがあげられます。また、すぐに引っ越しができない人は、家賃の値下げ交渉という方法もあります。
本文中では家賃水準の決定方法家賃に関する費用の内訳家賃を節約する方法を紹介していきます。

家賃は収入の3割で本当に良いのか?

家賃を決める際の目安は一般的に月収の3割と言われていますが、食費や水道光熱費、保険、通信費に加え、教育費や貯金なども必要です。一般的に収入の3割と言われているからと一概に決めるのではなく、他の生活費に必要な金額を計算してから家賃の割合を決めることで、生活費が圧迫されないようにすることができます。
例えば月収が30万円の場合、社会保険料や所得税、住民税が差し引かれ、実際の手取り金額は8割程度の約24万円です。家賃を3割として計算すると24万円×30%=7万2千円となります。
実際の手取り金額の3割を家賃の目安としながら、他の生活費に必要な金額を考慮して節約できる家賃の金額を考えていきましょう

家賃に関係する費用の内訳は?

以下の6つの内訳について内容を確認していきます。

  • 賃貸料
  • 共益費
  • 仲介手数料
  • 敷金
  • 礼金
  • 更新料

賃貸料

 毎月支払う賃貸物件の家賃です。賃貸料は大家にとって投資を回収するための最も大事な収入のため、大きくは値下げできないことが多いです。地域の家賃相場、および物件の入居状況など、似た状況の物件なら大きな差はつきません。
まずは自分が賃貸物件に求める条件のうち、優先順位が高いものを満たす賃貸物件を探すことが第一となります。そのため優先順位が低い条件は諦めることも必要となってきます。なるべく希望の条件を満たす物件を見つけるために、当記事で値下げ交渉しやすい条件をお伝えします。

共益費

アパート・マンションなどの共用部分利用に払うお金です。他の住人も同様に支払うため、値下げは難しいと思います。 共益費が気になる場合は最初から発生しない物件を探しましょう。相場は賃貸料の5%から10%と言われます。

仲介手数料

仲介手数料は不動産業者の収入源となるため、値下げはできないと考えていいでしょう。そのため値下げ交渉は他の費用を優先して、仲介手数料の値下げは考えなくていいと思います。 仲介手数料は賃貸料1ヶ月相当が相場になります。

敷金

敷金は賃貸物件の契約時に預けるお金です。退去時の原状復帰のための修繕費として使用されるため、大家にとっては確実に支払ってもらうための預り金となります。そのため原状復帰に必要な実費以外は戻ってきます。敷金を値下げすることは、退去時に追加で請求されるリスクがあるため、値下げ交渉は初期費用を抑えたい場合でなければ必要ないでしょう。賃貸料の1ヶ月から2ヶ月分が相場です。

礼金

礼金は契約時に支払うお礼のお金です。敷金とは違って戻ってきません。礼金が一番値下げ交渉しやすい費用になります。大家も空室を埋めることで月々の収入が確保できるなら、礼金の値下げについては応じてくれる可能性が高いです。相場は賃貸料の1ヶ月から2ヶ月ですが、交渉次第では、礼金を0円にすることも可能です。

更新料

賃貸契約後、2年に1度の契約更新時に必要になるお金です。賃貸料1ヶ月分が相場です。 更新料を値下げするために、前回の契約時や更新時から相場が下がっているなどの交渉を有利にすすめる情報を把握しておきましょう。賃貸料の値下げ交渉しやすいタイミングも更新時となります。大家としても継続して欲しいためきちんと話を聞いてくれるでしょう。

家賃を節約するためには?

家賃を節約する手段として、「賃貸料が安い物件に引っ越し」「現在入居している賃貸物件の値下げ交渉」があります。それぞれ自分にあった方法を検討しましょう。

賃貸料が安い物件に引っ越し

引っ越しによって家賃を見直しするためには、当記事の「1.家賃は収入の3割で本当に良いのか?」で確認した予算のなかで、優先順位が高い条件を満たす賃貸物件を探すことが第一となります。そのため優先順位が低い条件は諦めることも必要となってきます。希望の条件を満たすために、契約時に有利な値下げ交渉できる条件の物件を探しましょう
まず、家賃を値下げするためには、引っ越しが多い時期は避ける必要があります。賃貸物件が入居者で埋まっていく状況では、どこの業者も値下げ交渉に応じないでしょう。特に2月から3月は引っ越しが多い時期となります。次の繁盛期は8月となるため、値下げ交渉しやすいタイミングは4月から7月あたりです。家賃の値下げ交渉しやすい時期を逃さないようにしましょう。
また、交通機関の利便性、築年数以上の劣化 、日当たり、騒音、周辺道路、周辺施設、付属設備などを確認して値下げ交渉を有利にする情報収集をしましょう。さらに空室が多い賃貸物件は家賃を値下げしやすいです。大家にとっては、空室が多いということは収入が発生しないということです。収入がない状況よりも、家賃を下げてでも入居してほしいと考えている可能性が高いです。インターネット広告でも空室情報がわかるため、値下げしやすい物件としてチェックしておきましょう。
値下げ交渉する主な費用は「賃貸料」と「礼金」になります。

現在入居している賃貸物件の値下げ交渉

一度入居してしまったら賃貸料を値下げできないと諦めていませんか?正当な理由さえあれば家賃交渉はできます。現在の賃貸料が、近隣にある同様の物件との比較して割高である場合や、土地や建物価格が低下して割高になっている場合などです。
値下げ交渉に最適なタイミングは、2年に1度の更新時期です。更新時期は、家賃収入を逃さないために交渉に応じてくれる可能性が上がります。
値下げ交渉する主な費用は「賃貸料」と「更新料」になります。

まとめ

家賃を節約するための方法を紹介してきましたが、値下げ交渉は不確実な手段です。まずは、交渉せずとも家賃を安くできるような賃貸物件を探すことが必要となります。その後に賃貸物件の弱点や空室状況などを切り口に値下げ交渉します。 ただし、相手の方から値下げを提案される可能性は低いため、積極的に値下げ交渉をして家賃を節約しましょう。節約の効果が大きいのは固定費の見直しです。その中でも家賃は支出に占める割合が高い項目であるため、値下げが難しいからと諦めずに家賃を少しでも削減する努力をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました